ピアノ 買い取り 相場 処分

古いピアノでも価値があります

古くても価値あるピアノを処分してしまうのは勿体ないです。
出来るだけ高額で買い取りして貰いましょう!

ズバット ピアノ買取比較

ピアノの調律が高いので毎年調律しようか悩みます。

ピアノ

 

毎年ピアノの調律をしているのですが、高いので毎年調律しようか悩みます。

 

確かに調律は安くはないですよね・・・
私もピアノの調律代が高いなぁと思う事がよくありました。

 

余りに高い調律代の時は、そこでまた頼んで良いのか考えましょう。

 

毎年、2万5千円以上支払っていました。
中の小さな部品がダメになっていると更に料金が高くなりました。

 

買った時からの付き合いでずっと同じ所にお願いしていました。

 

何も考えておらず、買った時から同じ所で調律している事に何も疑問を感じなかったのです。

 

職場にピアノがあって、たまたま調律師さんとお話する機会がありました。

 

会社のピアノの調律は私が支払っているより1万円以上も安かったので驚きました。

 

聞くと、法人だから安いという事もあるそうですが、一般の値段を聞いても一万円も違いました。

 

ずっと気が付かなかったのですが調律代はお願いする所によっても料金が全然違うのです。

 

私がお願いしている所は、乾燥材と調律代、出張費がかかっていて、中の小さな部品を取り換えてくれます。
中の部品は手数料を取らず部品代のみでやってくれるのですが・・・

 

もっとかかる所では、小さな部品を直すのに部品代と更に3千円程かかります。

 

 

会社に来ていた調律師さんにどうしたら安くなるのか聞いてみました。

 

 

調律代が安くなる方法

 

乾燥材は入れないよりは良いけれど気休め程度らしいのです。
湿気が多い所ではないなら乾燥材を入れなくても大丈夫との事でした。

 

もしくは、乾燥材を置くより除湿器を置いた方が効果があると教えてくれました。

 

乾燥材で少しでも多く稼ごうとしている業者がいるそうです。

 

まさに私がお願いしている業者でした。

 

調律師の方と長い付き合いがあるのなら、乾燥材は自分で入れると言って断っても良いのではないかとアドバイスをくれました。

 

私は乾燥材を3つ程勧められて1つ2千円程かかっていました。

 

ですがよくピアノで使われている乾燥材をネットで検索すると半額程で売られています。

 

乾燥材をやめても調律料金と出張費も取られていましたが、教えてくれた調律師さんの所では調律料金に出張費も含まれていました。

 

業者によって1万円程も金額が変わって来る場合があります。

 

こんなに金額が違うとは・・・本当に驚きました。

 

長い付き合いだからと思っていましたが、高い料金を支払って時にはお土産まで渡していたのに・・・ぼったくられていたように感じてしまいました。

 

接客態度が良いとかメリットはあるかも知れませんが、会社に来ていた調律師さんの接客もとても親切で良かったです。

 

同じ所で調律を頼まなくても良いのではないかと思います。

 

金額を見て自分に合った所を選び、乾燥材を入れたいのなら少し手間はありますが、ネットで注文して買っても良いでしょう。

 

乾燥材を自分で入れる時に注意したいのは、中で水分が漏れたりするとピアノがダメになってしまうので、水分を含まない乾燥材が良いでしょう。

 

ある程度、納得いく金額で調律して貰いましょう。

 

 


古いピアノも売れる可能性が高いです

今すぐ試してみて下さい。
無料で簡単に査定できます!

ズバット ピアノ買取比較