ピアノ 買い取り 相場 処分

古いピアノでも価値があります

古くても価値あるピアノを処分してしまうのは勿体ないです。
出来るだけ高額で買い取りして貰いましょう!

ズバット ピアノ買取比較

ピアノ買い取り前の掃除方法

水

 

ピアノの買い取り前のお掃除方法について。

 

少しでも高く買い取りして貰う為にも、ピアノの買い取りを行う前は必ず掃除を行いましょう。
きれいな状態にしておく事をおすすめします。

 

  • ほこりや汚れを取る
  •  

  • ワックスで磨く
  •  

  • 鍵盤を吹く

 

 

ほこりや汚れの取り方

ピアノ用の羽毛や市販のハンディモップなどを使って、丁寧にほこりを払い落としましょう。
ほこりはピアノ専用のクロスで取ったり柔らかい布で取る事も出来ます。

 

こびり付いている汚れは、ピアノ専用のワックスを少し付けて優しくこすってみて下さい。
取れないからと言って、荒い布やスポンジなどでゴシゴシ磨いてしまうのはやめましょう。

 

無理に取ろうとしたり荒い布を使うと、目に見えない細かな傷が付き全体的に曇ってしまうのです。
どうしても取れない汚れには、水や石鹸水に浸した布を固く絞った上で、優しく拭き上げましょう。
強力な洗剤等を使うと、変色してしまうことも考えられますので、とても注意が必要です。

 

大切なのは、ピアノの塗装を傷付けないように綺麗にする事です。

 

 

ピアノワックスで磨く

手あかや汚れ、ほこりや曇りなどは、つや出し塗装専用のピアノワックスを使って綺麗に取りましょう。

 

まず、少量のピアノワックスを、ピアノ専用のクロスや柔らかい布に取ります。
そして左右上下に真っ直ぐ動かしながら拭いて、拭き終ったら乾いた布で仕上げ磨きもしましょう。
多少早めに動かしながら拭いていくと良いでしょう。

 

ワックスを使い過ぎると成分が残り、磨きムラが残るので使う量には注意しましょう。

 

また、つや消し塗装のピアノや、半つや消し塗装のピアノには、つや出し塗装専用のピアノワックスを使わないようにしましょう。
使うと、使った所だけつやが出て光ってしまうので注意して下さい。
つや消し塗装専用のピアノワックスを使うようにしましょう。

 

 

鍵盤を拭く

白鍵は、長年使うと着色汚れが目立ちます。
濡れ拭きは余りおススメ出来ませんが、濡れ拭きを行う場合は、十分に絞った上で拭き上げるように心掛けましょう。

 

ピアノの鍵盤側面は、木が剥き出しの状態です。
この木が湿気を含み、膨らんでしまうと、鍵盤が下がったまま上がらなくなったり、動きが悪くなる原因になるので注意が必要です。

 

また、湿気たからといってドライヤーなどの温風を当ててはいけません。
白鍵は割れてしまった場合に備えて、熱や蒸気で剥がれる接着剤が使われているのです。
扱いには十分気を付けて下さい。

 

※鍵盤部分が象牙や新素材などの場合は、乾拭き以外にお手入れ方法はありません。
それ以外のアクリライト鍵盤(プラスチック鍵盤)である場合に限り、水や石鹸水に浸した布を固く絞った上で、拭き上げることが出来ます。

 

一気に掃除をするととても大変なので、日頃から綺麗に掃除して磨いておく事をおすすめします。


古いピアノも売れる可能性が高いです

今すぐ試してみて下さい。
無料で簡単に査定できます!

ズバット ピアノ買取比較