古いピアノでも価値があります

古くても価値あるピアノを処分してしまうのは勿体ないです。
出来るだけ高額で買い取りして貰いましょう!

ズバット ピアノ買取比較

ピアノのメンテナンスについて

piano

ピアノは定期的なメンテナンスをする事で、壊れを防いだり長持ちさせる事が出来ます。

 

コンサートホールやレコーディングスタジオでは、数日ごとに調律される事も珍しくはありません。
それほどピアノは微妙な(アコースティック)楽器なのです。

 

一般家庭で数日おきに調律すると莫大な費用がかかってしまいます。
ピアノを良い状態で維持する為には、年に一回の調律が最低限必要だと言われています。

 

今はピアノを売却する気がなくても、日頃からメンテナンスしていれば、いざピアノの買い取りをして貰う時の査定額も高くなるでしょう。
日頃気を付ける事でピアノを売る時の査定額を上げる事が出来るでしょう。

 

大事なのは調律などプロにお願いしてメンテナンスする事ですが、自分で出来る事もあるので書いて行きたいと思います。

 

 

自分で出来るメンテナンス方法

よくピアノを弾く人でも、余り弾かない鍵盤や弾いていない鍵盤があります。
全ての鍵盤の音を出す事も必要です。

 

弾かないでいると中の小さな部品のスプリングが固くなってしまったりするようです。
この部分は調律の際に変えて貰う事が出来ます。

 

ピアノの屋根の部分を開ける事は余りないと思いますが、たまに開ける事も大切です。
天気の良い日に風を通して密封状態を防ぐことで、虫の発生を防いだりします。

 

ピアノは木製なので湿気に弱く、温度や湿度の変化で状態が悪くなる事もあります。
くれぐれも雨の日に開けたりするのはやめましょう。
梅雨時から夏場の除湿、冬場の加湿をするとより安定した状態が期待できます。
お部屋の湿度は通年50%程度に保てるとピアノにとても良いです。

 

そして、エアコンが直接当たってしまうのも良くないので気を付けましょう。

 

掃除もこまめにしましょう。
よく子どもが触ったりして油脂などがつくと、時間が経つにつれて落ちにくくなってしまいます。
ですからこまめに拭くようにしましょう。

 

黒塗りの外側はほこりなど汚れが目立つので掃除する事も多いと思いますが、鍵盤も意外と汚れているので綺麗にしておきましょう。

 

 

プロに頼むメンテナンス

やはり大切なのがプロに頼むメンテナンスでしょう。
プロの調律師に半年から1年に一回お願いすると良いかと思います。

 

頻繁に弾く方や、音の狂いに敏感な方、グランドピアノをお使いの方は年に2回程度の調律をおすすめします。

 

長く調律しないと大幅に音がズレてしまいます。
自分でも出来ますが乾燥材を入れ替えて貰う事も大切です。

 

前に調律をしない期間が少し長かったのですが、鍵盤についている小さな部品のスプリングがダメになっていて沢山変えた事があります。
音もズレていて調律の時間がかかり金額も高くなりました。
調律した時に、長く使いたいのなら定期的に調律して、それを継続する事が大切だと言われました。

 

 

プロに頼んで綺麗にして貰う事も出来ます。
(KAWAIから)

 

 

〜外装をピカピカに〜

  • 外装磨き

  アップライトピアノ・・・10万円から
  グランドピアノ・・・18万円から

 

 

〜弾き心地もリフレッシュ〜

  • 外装磨き(金属部品・ペダル磨き含む)
  • ハンマーヘッド交換
  • 鍵盤磨き(鍵盤側面汚れ落とし含む)
  • 鍵盤ブッシングクロス交換
  • 鍵盤スムージング
  • 調律・整調・整音

  アップライトピアノ・・・27万円から
  グランドピアノ・・・40万円から

 

 

〜徹底的に直す〜

  • 外装磨き(金属部品・ペダル磨き含む)
  • ハンマー一式(ヘッド・シャンク・バット)
  • ピアノ弦一式交換(フレーム&響板掃除含む)
  • 鍵盤磨き(鍵盤側面汚れ落とし含む)
  • 鍵盤ブッシングクロス交換
  • 鍵盤スムージング
  • 調律・整調・整音

  アップライトピアノ・・・45万円から
  グランドピアノ・・・60万円から

 

 

このように業者に頼む方法もあります。

 

もし、ピアノの買い取りをして貰おうと考えている場合は、調律やこのようにプロに直してもらう必要はありません。


古いピアノも売れる可能性が高いです

今すぐ試してみて下さい。
無料で簡単に査定できます!

ズバット ピアノ買取比較