古いピアノでも価値があります

古くても価値あるピアノを処分してしまうのは勿体ないです。
出来るだけ高額で買い取りして貰いましょう!

ズバット ピアノ買取比較

ピアノを処分する時にかかる費用

piano

 

ピアノを処分する時はどうすれば良いのでしょうか?

 

引っ越しなどでどうしてもピアノを処分しなければならない事もあるでしょう。

 

ピアノの買い取りなどを利用しないでゴミとして処分してしまうと、多くの自治体では粗大ゴミとして引き取って貰う事が難しいようです。
ですから業者に引き取って貰う事が多いようです。

 

業者も引き取りは無料と言う所がありますが、運搬費用を払う必要があったりします。
運搬費用を高く取られたりする為、注意が必要です。

 

事前に業者に聞いておく必要があります。

 

粗大ゴミとして処分する方法もありますが、今まで大切に使ってきたピアノですからゴミとして処分するのは勿体ないです。
愛着のあるピアノですから、捨てるのではなくこの先も誰かに使って貰いたいですよね。
買い取り業者に買い取って貰って誰かに使って貰う事をおすすめします。

 

ここで気を付けて欲しいのは、無料で引き取るという業者があるのですが、価値があるのに無料で引き取ることで設けているのです。
他で売れば価値がある為買い取りしてくれるピアノでも無料で引き取られてしまいます。
そのような業者は少ないとは思いますが、実際あるので気を付けましょう。

 

引っ越しなどで時間がない為、すぐに処分したいという気持ちになるかも知れませんが、無料で引き取って貰おうと安易に決めてしまうのは勿体ないと思います。

 

処分して貰う時に、運搬費用だけでなく処分の費用もかかる所もあります。
買い取りして貰えれば、プラスになり大切なピアノも誰かに使って貰えるので良いのではないでしょうか。

 

せっかくなら大切にしてきたピアノですから一番高値を付けてくれる業者に買い取って貰いたいですね。

 

そこでおすすめなのが・・・
ピアノ買い取りの一括無料査定サービスです。

 

 

実際引っ越しなどでピアノを運ぶ時にかかる費用はどれ位なのでしょうか?

 

ピアノはご存知の通りとても重たく運ぶのも大変です。
アップライトピアノは200〜250kg、グランドピアノは300〜350kgあるそうです。

 

ピアノは一般的な家具よりもデリケートなので、運搬時は注意が必要です。
振動などで音が変わってしまう事もあるのです。
ですから、運搬業者や引っ越し業者に頼む場合はオプション扱いになり費用が数万単位で高くなってしまいます。
クレーンを使う場合は更に追加料金が必要になります。

 

引っ越し先でもピアノを使うならば出費は仕方ないですが、余り使う予定がない場合はお金をかけて移動するのを考えてしまいますね。

 

手放す事で維持費が掛からなくなります。

 

中にはピアノの調律を余りしない方もいますが、年に一度のメンテナンスは基本的に必要です。
調律や悪くなっている所を直さないと、痛んできてしまいます。
ピアノは湿気を嫌うので乾燥材を取り替える事も大切です。

 

ピアノを手放す事で維持費もかからなくなります。
本当に今後使うのかよく考えてみるのも良いかと思います。

 

 


古いピアノも売れる可能性が高いです

今すぐ試してみて下さい。
無料で簡単に査定できます!

ズバット ピアノ買取比較