古いピアノでも価値があります

古くても価値あるピアノを処分してしまうのは勿体ないです。
出来るだけ高額で買い取りして貰いましょう!

ズバット ピアノ買取比較

ピアノの種類について

piano

 

ピアノは種類やメーカーなどによっても買い取り価格が変わってきます。

 

他に、保存状態品番製造番号ペダルの数によっても査定額が変わってくるでしょう。

 

ピアノの種類はどんな物があるのでしょうか?

 

ピアノは、グランドピアノ、アップライトピアノ、電子ピアノがあります。

 

メーカーは、カワイやヤマハが国内では人気で有名です。

 

海外では、スタインウェイ、ベーゼンドルファー、ベフィシュタインが有名です。

 

 

買い取りの際に一番高いのは、やはり買った時の価格が高かったピアノになります。
グランドピアノが一番高くて、次にアップライトピアノになります。
買い取り価格の相場は、ピアノの状態にもよりますが、新品で購入したした時の20〜30パーセントが平均相場だそうです。

 

電子ピアノについては、グランドピアノやアップライトピアノに比べてとても安く、楽器というよりは家電に分類される事が多いです。
その為、10年以上経つと故障したりしてきます。
電子ピアノを買い取りしてくれる業者もありますが、5年以上経ってしまうと買い取りの対象にならない事が多いようです。

 

マイナーなメーカーだと余り人気がない為、買い取り価格が下がってしまうようです。
人気のモデルは高く買い取りしてくれます。
木目調のピアノもインテリアになりおしゃれという理由で、人気のようです。

 

品番は製造番号でピアノがいつ作られたか分かります。
モデルやグレードも知ることが出来ます。

 

ピアノの品番や製造番号は本体のどこに書かれているのでしょうか?

 

グランドピアノ
鍵盤側の手前の屋根を開けて中を見て下さい。
高温部側のフレーム(金属部分)に記されています。

 

アップライトピアノ
一番上の板(屋根)を開けて中を見て下さい。
フレーム(金属部分)上部に記されています。

 

 

サイレントピアノ、サイレントアンサンブルピアノ、ピアノプレーヤー、サイディスクラビアの場合も同じです。

 

 

ピアノの違いについて

 

  • グランドピアノ

プロやピアノにこだわりがある方が所有している事が多いです。

 

低音の弦は長く、高温の弦は短いので独特な形をしています。

 

アップライトピアノに比べると、より音色に強弱がつき多彩な音を出す事が出来ます。
音の伸びが良くて思い通りに表現しやすいです。

 

ペダルもアップライトピアノと踏んだ時の効果が違います。
左ペダル(シフトペダル)は音の雰囲気を変える事が出来ます。
中ペダル(ソステヌート)は直前に押した音に伸びを出します。
右ペダル(ダンパーペダル)は鍵盤から手を離しても弾いた音が伸びたままになります。

 

グランドピアノのサイズは、奥行きが150センチ〜270センチの物もあり、ミニグランドからコンサートピアノまで色々あります。

 

 

  • アップライトピアノ

一般的な家庭や、学校など幅広く使われています。
形も置きやすい為、狭いスペースを利用して設置する事が出来ます。

 

フレームと弦が床と垂直になるよう作られています。
音の表現の豊かさはグランドピアノに比べると劣りますが、設置がしやすく自宅での練習用などに適している為人気があり一番売れています。

 

左ペダル(ソフトペダル)は音が柔らかい印象になります。
中ペダル(マフラーペダル)は音量を下げます。。
右ペダル(ダンパーペダル)は鍵盤から手を離しても弾いた音が伸びたままになります。

 

112センチクラスの背の低い物や、131センチクラスで音量重視で背が高い物など様々です。

 

  • 電子ピアノ

デジタルピアノやエレクトロニックとも呼ばれています。
音色を電子データ化した音が出ます。

 

温度や湿度などの影響がない為管理しやすく、持ち運びも簡単で価格も安い為人気があります。

 

イヤホンを付けたり音の調節が出来て、深夜など騒音が気になる時間帯でも練習が出来ます。
録音したり他の音を出す事も出来るのでアレンジしたい時に良いでしょう。

 

 

このように、ピアノと言っても様々な種類があるのです。
ですから買い取り価格もピアノによって変わってきます。


古いピアノも売れる可能性が高いです

今すぐ試してみて下さい。
無料で簡単に査定できます!

ズバット ピアノ買取比較